ヒルトンプラザウエスト 4F
医療法人一祥会 Nao梅田歯科・矯正歯科

すきっ歯

すきっ歯におわかれしよう!

『歯を削らず』に
すきっ歯が治るって
本当ですか?

 

本当です!当院では歯の隙間の治療方法として3種類の方法を提案させて いただいていますが、その説明を聞いてほとんどの人が選択されるのが『ダイレクトボンディング』です。

ダイレクトボンディングは『1日で出来る審美治療』として最近ではテレビなどでも取り上げられるようになり
『歯を削らない』 『早い』 『低コスト』 『綺麗』という究極の4拍子が揃う治療です。
材質はナノサイズのセラミック粒子を含む自費用ハイブリッドコンボジットレジン(CR)を使用する新しい審美治療です。
ご興味がある方は一度無料カウンセリングに来院ください。

(症例によってはできない場合もございますので、まずはカウンセリングをお受けください。診断を行った後に治療可能かどうか説明させて頂きます。)



歯の隙間を埋める治療方法

ダイレクトボンディング』『ラミネートベニア』『矯正治療』 がございます。
以下にそれぞれの治療方法をメリット、デメリットを説明しておりますのでご参照ください。


①ダイレクトボンディング

メリット ・歯を全く削らない
  ・1DAYトリートメント(時間がかからない)
  ・オールセラミック治療に比べて値段が安い
  ・色がピッタリ合い綺麗
  ・元の歯の形に戻ることができる (何年後かに矯正を考える場合は有利)

デメリット ・時間が経つと変色してくる(個人差があります)
  ・噛み合わせによってはできない場合がある




②ラミネートべニア

メリット ・色の変化がない
  ・色がピッタリ合い綺麗

デメリット ・歯を削る
  ・日数がかかる
  ・噛み合わせによってはできないことがある
  ・費用がかかる




③部分矯正
(全顎矯正になる場合もあります)


メリット ・自分の歯で隙間を閉じるのでやりかえる必要がない

デメリット ・費用と時間がかかる




すきっ歯治療 ダイレクトボンディングの症例









料金

治療名 金額
ダイレクトボンディング(前歯) 50,000円/1本
ラミネートベニア 120,000円/1本
部分治療  300,000円〜



注)隙間を埋める場合、二本になることが多いです


⇒ダイレクトボンディングのページに戻る