ヒルトンプラザウエスト 4F
医療法人一祥会 Nao梅田歯科・矯正歯科

ダイレクトボンディング審美法

たった数回の通院だけで
白くキレイな歯になります。

当院では、歯が欠けた部分やすきっ歯、歯の隙間の治療を、
ハイブリッドセラミックという変色しにくい最新歯科材料を使用し、
審美治療の観点から行っています。

ダイレクトボンディングの症例

右写真の患者様はすきっ歯が気になるとのことで来院されました。歯をできるだけ削りたくないというご希望でしたので、ダイレクトボンディングを適用し、歯を全く削ることなく隙間を埋める処置を行いました。
ダイレクトボンディングの治療自体は一日で行なうことができ、通常1.5〜2時間程度で済みます。患者様には1日で審美的に大変満足して頂けました。



注:ダイレクトボンディングによる隙間を埋める処置は、適応は限られますので、受けられる方は一度無料カウンセリングをお受けすることをおすすめします。

ダイレクトボンディング審美法 概要

『ダイレクトボンディング法』とは、歯が欠けた部分やすきっ歯、歯の隙間に歯科用のレジン(樹脂)を盛り足し、歯の形態や色調を整える治療法です。レジンという歯科治療用のプラスチックを、歯に直接盛りつけていき、本来ある歯の美しさを再現する際に使用されます。歯を削ることなく、短期間で治療を終えることができるのが魅力です。

一般的には、保険で使用する材料として、金属やプラスチックのレジンが用いられていますが、すぐに変色などを起こすため審美性・機能性を十分に得られない場合があります。しかし、当院では、ハイブリッドセラミックという変色しにくい審美性をもつ最新歯科材料を選択し、審美治療の観点から治療を行っています。

ダイレクトボンディングのメリット

『ダイレクトボンディング法』には、必要最小限の範囲のみを削って治療することができる特徴があります。また、被せ物や詰め物(インレー)よりも、歯を削る量が少なく歯にやさしいという特長があります。治療期間においても、歯型を採ってラボで製作するセラミック治療よりも短縮することができます。

費用面でも矯正治療など他の審美治療より抑えることができるので、経済的な治療法ともいえます。そして、一般的には、プラスチック(レジン)を使用しますが、当院ではハイブリッドセラミックという変色しにくい審美性をもつ最新歯科材料を使用することで、より審美性の高いダイレクトボンディング治療を行っています。

ダイレクトボンディング審美法のQ&A

Q.変色してきた詰め物もキレイになりますか?

A.詰め物が変色してきた場合、ダイレクトボンディングでキレイに治すことができます。詰め物が極端に大きい症例などでは、被せ物(クラウン)やラミネートベニアが適している場合もあります。

Q.何回通院する必要がありますか?

A.初診を含めて2回の通院が必要です。1回目の初診では、治療方法、治療時間などを決めます。2回目では、歯にダイレクトボンディングの処置を行います。

Q.治療時間はどれくらいですか?

A.治療部位や治療範囲などによって異なりますが、通常は30分〜1時間半程度です。具体的な予定時間は、カウンセリングまたは初診時の診察の際に、直接お口の中を診察させていただき、説明しています。。

価格 ダイレクトボンディング治療法の、
費用についてのご案内。

ダイレクトボンディング治療法の一例

治療名 金額
ダイレクトボンディング 30,000円~/1歯

※上記は税抜価格です。




すきっ歯
審美歯科
当院の特徴