ヒルトンプラザウエスト 4F
医療法人一祥会 Nao梅田歯科・矯正歯科

審美インプラント

噛み合わせのバランスを考慮し、
必要最小限のインプラントを埋入します。

『噛む力』『見た目』『安定感』という大きな魅力を持った治療法。
当院では、最先端のインプラント技術・機器を導入し、
『残っている歯をいかに残すか』にこだわった治療を行っています。

インプラント治療法 概要

『インプラント治療法』とは、人工歯根療法とも呼ばれ、虫歯や歯周病などにより歯を失った部分に、天然歯の代わりに人工歯根を埋め込み、噛む機能を回復させる治療法です。インプラント治療で埋め込まれる人工歯は、噛む感覚を骨がダイレクトに伝え、自分の身体の一部として感じることができ、『第二の永久歯』とも呼ばれています。

見た目が天然歯と変わらない、健康な歯を削る必要はない、自分の歯に似た感覚で咀嚼できるなど、インプラント治療をすることで得られるメリットは多く、噛む喜びを取り戻すことができます。また、噛む喜びをもう一度取り戻すことができるだけでなく、失った歯を手に入れることで、自然と笑顔も明るいものとなり、他人に与える印象をも変える可能性を秘めています。

インプラント治療法のメリット

『インプラント治療法』には、他の治療法では実現が難しい、さまざまなメリットがあります。その中でも、見た目の美しさを追求できるのが、インプラントの大きな魅力。最終的に被せる人工の歯の素材にセラミックを使用することで、天然歯のような自然な質感と見た目を実現できます。また、インプラントの場合、噛む力は天然歯と同様のものといわれ、噛む感触を脳に直接伝えることができるため、食事をする楽しみも取り戻せます。

インプラントは骨や歯茎に咀嚼の刺激を伝えるため、歯を失うことによる骨量の減少や歯茎の痩せ防止のほか、より健やかな口内環境の整備に効果が期待できます。さらには、定期的なメンテナンスを施すことで、半永久的に安定した噛み合わせを保つことができます。

インプラント治療法のメリット2

インプラント治療は歯が増えるだけでなく残っている他の歯の負担を軽減させることができます。またブリッジとは異なり前後の歯を削る必要がなくなるので、より自分の歯の保存に有効です。

この患者様は奥歯にインプラントを埋入することによって前歯のセラミックの負担が減り、セラミックはより長持ちすることでしょう。自分の歯を守るためにもインプラントは非常に有効です。

最新鋭歯科用CT

近年、インプラント治療においてCTレントゲン撮影による検査は必須事項となってきております。インプラント治療を安全にかつ正確に行うには、骨幅や骨内の神経の走行を知る必要があり、それには2次元のレントゲンではなく3DでのCTレントゲン撮影が必要となります。

当院では最新鋭のアーム型X線CT診断装置を導入しています。多様な撮影モードを備えるAUGEシリーズは歯科領域で求められる高精細画質を実現する真のオール•イン•ワンシステムです。ベーシックモデルから3Dへのアップグレードが思い通りにでき、この一台で多種多様な症例に対応することが可能です。

超音波ボーンサージェリーシステム

超音波による骨削は、回転切削器具に比べ軟組織の巻き込みがなく、安全性が高いため、神経や血管など注意が必要な部位にも安心して使用できます。また、コントロール性に優れ、選択的に骨削が可能であり、歯周病やインプラントのメンテナンスにも使用することができます。

インプラント治療は骨の状態を整えることが重要です。当院ではこのシステムを導入することにより、歯槽骨の平坦化、骨片採取、ソケットリフト、GBR(骨造成)、サイナスリフト、スプリットクレフトなどの施術を安全に行っております。

インプラント治療法の流れ

『インプラント治療法』は、基本的には次のような流れで治療を行います。

1.カウンセリング

インプラント治療を行うためには、手術が必要です。安心・安全なインプラント治療のためにも患者さまのご希望をお聞きします。また、インプラント治療の流れの説明も丁寧に行います。

2.精密検査

歯の状態や顎の骨の形状などを、より細かく把握するために、CT検査を受けていただきます。当院では、パソコンを利用した、最新のデジタルエックス線システムを導入。3D画像により、患者さまの骨幅を確認することができるため、一人ひとりに応じた治療方針を決めることができます。

3.インプラント手術(2回法)

一次手術では、歯茎を切開して顎の骨を削り、歯の土台となるインプラントを埋め込みます。局所麻酔のほか、ご希望に応じて電動麻酔器や静脈内鎮静法を使用するため、痛みはほとんどありません。顎の骨の高さ・厚みが不足している場合には、顎の骨を増やす特別な手法による手術を行います。

4定着期間

インプラントが骨としっかり結合して定着するまで、約3〜6ヶ月ほど定着期間を設けます。その後の二次手術では、埋め込んだインプラントの頭を出し、アバットメント(支台部)の装着手術を行います。二回法は歯肉の中に完全に埋め込むので、治癒期間中に余計な力がかからず、また、細菌感染の心配もほとんどありません。

5.人工歯を取り付ける

歯茎が治った後、歯の型取りを行います。その型をもとに、歯の形や色、歯並びを確認しながら、インプラントの上に被せる人工歯を作成します。二次手術から約1〜6週間後に人工歯を被せてインプラント手術は完了となります。

価格 インプラント治療法の、
費用についてのご案内。

インプラント治療法の一例

治療名 金額
植立(埋入)術(人工歯をアゴに埋める手術) 320,000円/1歯
上部構造(人工歯根にセラミッククラウン等をかぶせる) 160,000円/1歯

※上記についてはモデルケースの料金です。患者さまの状況によって、治療内容・治療料金が変わる場合があります。まずはお問い合わせください。

※上記はすべて、税抜価格です。