ヒルトンプラザウエスト 4F
医療法人一祥会 Nao梅田歯科・矯正歯科

セラミックインレー

銀歯ではなく、見た目のよい
詰め物に替わり、美しく変わります。

虫歯の治療の際に削った部分に陶材(セラミック)により、
作られたインレー(詰め物を入れる治療法)。
非常に見た目が良く、ほとんど変色しないため、
より高い審美性を求める方にオススメです。

セラミックインレー審美法 概要

『セラミックインレー法』は、虫歯治療の際に削った部分にセラミックで作られたインレー、つまり、詰め物を入れる治療法です。セラミックとは、陶材により作られたもの。一般の歯科医院では保険適用ができる銀歯が主流ですが、審美性が低いことや、金属アレルギーの患者さまは使用が難しいことなど、最近ではセラミック製のものを希望される方が増えています。

セラミックの特長としては、非常に見た目が良く、変色しないことや、汚れ(プラーク)が付きにくいことのほか、金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低いことなどがあります。なお、虫歯の部位が大きい場合は『セラミッククラウン法』で治療することもあります。

セラミックインレー審美法のメリット

『セラミックインレー法』で使用するセラミックインレーは、保険適用で利用する銀のインレーよりも歯にしっかりと適合するので、虫歯になりにくいというメリットがあります。また、金属を一切使用していないため、他人から見えてしまうような手前に位置する奥歯にも最適。金属不使用なので、金属アレルギーの患者さまにも安心して使用いただけます。さらには、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色もありません。

そして、セラミックインレーの一番のメリットが、隣接している歯の色と調和のとれた自然な色でありながら、透明感に優れ、本物の歯のように美しく仕上がるということ。タバコのヤニやコーヒーなどの着色にも強い素材なので、変色することなく、審美性を長期間保つことができます。

精密な型取りをするための「印象材」

審美治療やインプラント治療において、歯型を採取することは非常に多いもの。採取した歯型に基づき、クラウンやインレー、インプラントなどを製作するため、現状の歯の形状をより正確にかたどることができる、精密な歯型採取が重要となります。いわば、歯型の精度次第で、治療後の成果も大きく変わるのです。そこで当院では、歯型採取の際に使用する印象材にも一般的な歯科医院よりも高品質なものを採用しています。

当院で使用している印象材は、寒天のような柔軟性と高い伸縮性、引き裂き強度を有しているため、口腔内を正確に復元することができ、非常に精度の高い歯型の採取が可能となります。その正確な歯型をもとに製作するので、患者さまの歯との適合性も非常に高いものとなります。

拡大鏡

良い治療を行なうためには、単純なことですが『良く見える』ということが基本です。当院では、業界でトップクラスのサージテルの拡大鏡を使用しております。セラミックの適合を高めるためには歯を削ったり、出来上がってきた被せ物を合わせたりする際の小さなエラーも見落とさない拡大視野が必須です。倍率も症例によって使い分け、きめ細やかな作業を心がけております。適合の  高い被せ物を入れることは、歯の寿命をのばすことにつながります。

セラミックインレー審美法の流れ

『セラミックインレー法』は、基本的には右の流れで治療を行います。

『セラミックインレー法』の治療時間や通院回数は、治療の箇所や本数など、患者さまの状況ごとにさまざまですが、2回の通院治療を行うのが一般的です。1回の治療時間は1本の歯につき約1〜2時間となります。

1.カウンセリング&診察・検査

安心・安全なセラミックインレー法のためにも患者さまのご希望をお聞きします。また、セラミックインレー法の流れの説明も丁寧に行います。

2.銀歯を削る

最初に銀歯や古い接着剤・補強材、虫歯の部分を除去します。

3.形をキレイに整える

セラミックインレーを入れるために歯を1.5〜2mmほど削って形をキレイに整えます。その後、歯型を採取し、セラミックインレーを製作します。採取後は、仮のフタをします。

4.セラミックインレーを歯に接着させる

接着剤で歯に接着した後、噛み合わせの最終調整を行います。

価格 セラミックインレー治療法の、
費用についてのご案内。

セラミックインレー治療法の一例

治療名 金額
セラミックインレー 60,000円/1歯
ハイブリットインレー 50,000円/1歯
ジルコニアインレー 70,000円/1歯

※上記はすべて、税抜価格です。